プロフィール

ぷろけあ

Author:ぷろけあ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活性炭(ヘルスカーボン)

○活性炭(ヘルスカーボン)

 農薬や睡眠薬による急性中毒の際、その強力な吸着材としての作用で治療に使われるのが薬用活性炭である。毒物を吸着させて体外に排出する力が強力であるが、副作用(便秘)が強く、常時摂取することはできない。

 そこで、薬用の活性炭を天然のオリゴマンナンと昆布やヒジキなどの細胞膜成分(アルギン酸カルシウム)でコーティングし、便秘などの副作用が起きないように改良を加えたのが、食べる活性炭として注目されているのがヘルスカーボンである。近年、このヘルスカーボンを活用して、体内に蓄積したダイオキシンを排出させる効果に関心が集まっている。

 国のダイオキシン類対策特別措置法では、ダイオキシンの耐用1日摂取量(人が一生涯にわたって摂取しても健康に有害な影響が現れないと判断される、体重1kgに対する1日当たりの摂取量)は4ピコグラム(ピコは1兆分の1g)とされている。しかし、体内に蓄積されたダイオキシン濃度が半減するには5年から10年かかるといわれている。そのため、ダイオキシンの耐用1日摂取量を現時点でいくら低く設定しても、すでに体内に蓄積されたダイオキシン量が減るわけではない。このジレンマを解決するのがヘルスカーボンである。

 活性炭の粒子には目に見えない穴が多数あり、この穴に有害毒物が吸着されるわけだが、ヘルスカーボンの吸着領域は分子量が100~90000の物質で、この範囲にはダイオキシンなどの環境ホルモンも入る。ヘルスカーボンを使ったダイオキシン除去方法は大きく2つ有る。1つは食材を洗う水や料理を煮るときに一緒に使うことで、食材に含まれているダイオキシンを吸着してしまう方法。もう1つは、ヘルスカーボンを食事中か食事前後に食べることで、腸管内のダイオキシンを吸着し、体外に排出して行く方法だ。肝臓にダイオキシンが蓄積しているラットに1週間ヘルスカーボンを食べさせると、肝臓の残留ダイオキシンがなくなったという報告がある。これは十二指腸に排出されたダイオキシンを吸着・排出し、ダイオキシンの腸肝循環を阻止したと見られる。

活性炭(ヘルスカーボン)の商品一覧



-----PR-----

めざめスッキリ-本品は通常の食事では摂りにくいリラックス成分・バレリアン、テアニン、ホップなどを配合した、スッキリとした朝の目覚めをサポートするサプリメントです。

怜鳴-滋腎通耳湯を原典に作られた漢方薬です。心身極度に疲労して、耳の鳴るものに効果があります。怜鳴は、虚血性、又は体力がおちて耳鳴りのするものに向きます。

貼るホッカイロミニ-うす型フィットタイプでかさばらない貼るミニタイプです。持続時間約10時間。平均温度50℃。

湯たんぽダンロップ 湯たんぽ-天然ゴムを使用していますので、肌にやさしい適温を保ちます。また、すぐれた弾力性がソフトな感触を生み、足元から快眠を誘います。湯の熱量を利用する自然保温方式で、空気を乾燥させず、いつでも快適。

ネオチクジロン-蓄膿症や鼻炎、感冒時の鼻づまり等の鼻の症状を改善し、治療する薬です。生薬から抽出した有効エキスに粉末を加え、服み易い錠剤にしたものです。

チオセルエース-チオセルエースは蓄膿症治療のための漢方薬として古くから中国に伝承されている辛夷清肺湯を服用しやすい錠剤にしたものです。10種類の生薬からつくられており、蓄膿症、慢性鼻炎、鼻づまりに効果を発揮します。

循々五苓散-かんぱう漢方薬の”散”の処方にこだわり、生薬末を生かした散剤のシリーズです。本剤は、のどが渇き、尿が少ないむくみなどが気になる方の水様の下痢、急性胃腸炎、暑気あたりなどに適しています。

咲々当帰芍薬散-かんぱう漢方薬の”散”の処方にこだわり、生薬末を生かした散剤のシリーズです。本剤は、冷え性で疲れやすい方の更年期障害、月経障害、めまい、肩こりなどに適しています。

清々黄解散-かんぱう漢方薬の”散”の処方にこだわり、生薬末を生かした散剤のシリーズです。本剤は、比較的体力がありのぼせ気味でイライラする方の不眠症、胃の不調、鼻出血などに適しています。

竜胆瀉肝湯エキス錠S「コタロー」-色が濃く、においが気になるおりものは、炎症や体にこもった熱によって起こります。また、体の余分な水分がこの熱と結びつくと、いつもと違うおりものが長引くことになります。竜胆瀉肝湯エキス錠S「コタロー」は、炎症と余分な水分を取りながら、おりものを改善する漢方薬です。本剤は排尿痛や残尿感にも効果があり、膀胱炎などの排尿異常にも用いることができます。

宮崎県-宮崎県は、全国第2位の黒毛和牛の生産県であり、さらなる経営内あるいは地域内での生産から肥育までを一貫して行う生産体制等の推進により、県内産肥育牛の増産に取り組んでいます。また、国内でのBSE(牛海綿状脳症)の発生により、牛肉の安全性が問われる中、全国最高水準の衛生管理を誇る産地食肉処理施設を中心に、一元集荷・多元販売体制を確立し、全国に展開する宮崎牛指定店網を通じて、安全・安心・高品質・顔の見える県産牛肉の供給にも努めています。「より良き宮崎牛づくり対策協議会」では、宮崎牛の消費拡大とPR対策の一環として、昭和61年11月の大相撲福岡九州場所から、優勝力士に対して宮崎牛の贈呈を行っています。最近では宮崎牛に加え旬の野菜1トンも併せて贈呈しています。

スポンサーサイト

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

<< リングフィッシュ自己発酵エキス(リカメン) | ホーム | 小豆 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。